ハロウィン壁飾り

ハロウィンカード

えいごばたけトップ > ハロウィン特集ページ

COPYRIGHT(C) 2008えいごばたけ eigobatake ALL RIGHTS RESERVED. 


ハロウィン(Halloween)とは何のイベントでしょうか?

こども英会話教師にとって、クリスマスやイースターに並ぶイベントですよね。


 ちょっと堅く説明すると、ハロウィンは万聖節として知られるキリスト教カトリックの諸聖人の日の前夜の事です。

もともとケルト人の一年の終わりは10月31日で、この夜には死者の霊や魔女などが出てくると信じられていました。

魔除けのおまじないのように、仮面をかぶったり焚き火を炊いたりしていた文化とつながりが深い日です。

 なぜハロウィンと言うかというと、諸聖人の日を All Hallows (オール・ハローズ)や Hallowmas (ハロウマス)と言い、この前夜の事は Hallow Eve(ハロウ・イヴ)と呼ばれ精霊を祭る夜でした。

Hallow Eve は言いにくかったのか、だんだんなまって現在のHalloween になり定着したのです。

ということで ハロウィンはいつかと言うと 11月1日の諸聖人の日の前夜である10月31日なんですね。

ちなみにカトリックでは11月2日は死者の日となっています。


 生徒さんや子ども達に説明するときは解りやすく、日本のお盆のような日という説明がいいかもしれません。

 魔除けの為に家ではカブやりカボチャを怖い顔にくりぬいてロウソクをたてます。日本ではお盆の提灯や送り火の感覚に近いかもしれません。

 そして有名なのが仮装です。これは悪霊や悪いお化けのマネをした子供達が Trick or Treat (トリック オア トリート)「なにかくれないと、イタズラするよ〜」と言いながら家々を回りお菓子をねだります。

その家の人は悪い霊を追い払う意味も込めて Happy Halloween (ハッピー ハロウィン)と応えお菓子を渡します。

 その集めたお菓子を持ち寄りみんなでハロウィンパーティーをするんです。

ハロウィン特集ページ、小学校英語教育、児童英会話教室で利用できる無料教材と、ハロウィンについて知るページです。

【 第2弾 】訪問者数連動型リリース
目標訪問者数 
1600人 達成リリース

ありがとうございます。【第2弾】ハロウィンカードです。10月31日周辺のハロウィンレッスンで使ってください。 
                            by えいごばたけ